HOME>イチオシ情報>鍼と灸の勉強は教育機関で行うようにしよう

教育機関を卒業しなければいけない

鍼治療

人の身体に施術をする鍼灸師になるためには、しっかりとした鍼と灸の知識を学ばなければいけません。そこで勘違いしてはいけないのが、知識を学ぶために利用すべきなのは教育機関だということです。近所に凄腕の鍼灸師がいるなら、そちらに鍼と灸を習えばよいと考える方もいるでしょう。確かに、凄腕の方の元で学べば、素晴らしい技術を習得できるかもしれません。しかし、技術があったとしても、資格がなければ鍼灸師になることは決してできないようになっています。その資格を得るためには、鍼灸師用の教育機関を卒業する必要があります。従って、凄腕の方から技術を習うとしても、それは教育機関を卒業したあとにしましょう。

専門学校なら3年間でなれる

施術室

鍼灸師になれるカリキュラムがある専門学校に通えば、多くの場合は3年間で資格を得られます。昼間だけではなく、夜間にも授業を行っているところもあるため、働いてお金を稼ぎながら鍼灸師を目指すことだって可能です。技術力の習得に強かったり就職に強かったり、専門学校によって特徴が異なるので希望に合ったところを選びましょう。どこを選んでも専門のカリキュラムは終わらせられますが、今後進むべき道が大きく変わる可能性があるので気をつけなければいけません。

大学は4年間通わなければいけない

鍼治療

大学でも鍼灸師の資格をゲットできるカリキュラムを用意してくれているところがあります。そちらは、3年間ではなく4年間通わなければいけないので、早く鍼灸師になりたい方は気をつけましょう。ただし、単に長いだけではなく、大きな影響力を持つ大卒の資格を得られるというハッキリとしたメリットも存在しています。もしも、大卒の資格を取ることに意義があると感じるなら、4年制の大学に通って鍼灸師になることも考えましょう。

広告募集中