HOME>特集>選択次第では治療の結果が異なるかもしれない

国家資格を保有しているところを選ぶ

鍼灸

日本で鍼灸治療を行うためには、はり師あるいはきゅう師という国家資格を保有していなければなりません。ただ中には、国家資格を保有していないにも関わらず、鍼灸師として治療を行っているところもあります。そのようなところはそもそも違法で、なおかつ正しい治療を受けられる保証がありません。したがって、鍼灸師を選ぶ際にはまず、はり師ときゅう師の資格をしっかり提示できるところを候補にしましょう。

得意としている分野で選ぶ

施術

鍼灸治療は関節の痛み解消や内臓へのアプローチなど、具体的な内容は色々あり、鍼灸師によって得意不得意が異なります。そして、鍼灸治療によって改善したい分野を得意としている鍼灸師の方が、質の高い治療になりやすいです。

経験が豊富なところを

鍼治療

鍼灸師には駆け出しの人から何十年も治療をしているベテランまで、色々な人がいます。そして、鍼灸治療は患者の個人差への対応やツボの把握など、経験がものを言うことが多いです。したがって、十分な経験を積んでいるベテランを選んだ方が無難でしょう。

広告募集中