4年制大学と専門学校

鍼治療

日本で鍼灸師として働くには国家資格が必要となるため、その資格を取ることが重要となります。そのルートとしては大きく2つあり、医療系の4年制大学に通うか、もう一つは、医療・スポーツ系の専門学校(医専)に通うことです。そこで特定のカリキュラムを習得することで、初めて国家試験を受ける資格を得られ、それに合格すれば晴れて鍼灸師になれます。では、その資格を取得するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。相場としては、4年制大学では500万〜600万円以上、3年制の専門学校では400万〜500万円ほどだと言われています。ただし、これはあくまで相場であって大学・専門学校によって費用が違ってきますし、近所にその学校がなければ一人暮らしや寮暮らしを選択することとなるため、生活費などの負担も増えることになります。さらに、出席日数や定期試験を一定以上クリアできなければ留年となり、大学・専門学校どちらにしろ1年留年するたびに150万〜200万円ほどかかると言われています。相場は相場として参考にすることは大切ですが、何が起こるかもわかりません。もしものことを考慮して金銭面には余裕をもって用意されていた方が無難です。

夜間部や奨学金制度もある

鍼治療

では、4年制大学と医療専門学校、どちらの方がメリットがあるのでしょうか。一般的には大学ルートの方がより確実に資格を習得できると勘違いされがちですが、鍼灸師に関しては大学・専門学校のどちらでも資格習得率に大きな差はありません。実はどちらも違うメリットがあります。4年制大学では時間をかけて余裕をもって履修することができ、さらに一般教養も身に着けることができるため、資格習得後の就職にも有利になると言われています。一方、あまり資金がなくて早く働きたい人には専門学校の方が1年短く効率的に履修することができるのです。比較的、予算がかからない専門学校ではありますが、親などの都合でそれでも資金面に何がある家庭は少なくありません。そのような人は夜間部を創設している専門学校を選択肢の一つとしてみるのも良いでしょう。夕方からカリキュラムが組まれているため、日中はアルバイトや仕事で稼ぐこともでき、家計の負担を大幅に減らすことができます。また、日本学生支援機構などでは奨学金制度も活用できる可能性もあり、条件が良ければ無利子で借りることも可能で、そちらも選択肢の一つとなるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中